• ホテルの魅力
  • 過ごし方
  • 客室
  • レストラン
  • パーティ・ご宴会
  • 館内施設
  • 観光情報
  • アクセス
  • フォトギャラリー
  • ご宿泊予約

沖縄観光

旧海軍司令部壕

平和希求の為に歴史を刻みこむ、市内から一番近い戦跡公園
沖縄県豊見城市那覇市の市境に位置する旧海軍司令部壕は、沖縄戦において大日本帝国海軍の司令部として使用された防空壕です。昭和19年(1944年)日本海軍設営隊(山根部隊)によって掘られた司令部壕で、当時は450mあったと言われて います。カマボコ型に掘り抜いた横穴をコンクリートと杭木で固め、米軍の艦砲射撃に耐え、持久戦を続けるための地下陣地で、4000人の兵士が収容されて いました。戦後しばらく放置されていましたが、数回に渡る遺骨収集の後、昭和45年(1970年)3月、観光開発事業団によって司令官室を中心に300m が復元されました。
住所 〒901-0241 沖縄県豊見城市字豊見城236番地
電話番号 TEL 098-850-4055
営業時間 8:30~17:30(7月~9月/18時閉館)
年中無休

ACCESS 交通案内

お車ご利用の場合
ホテルより片道約20分
スタート ホテルパームロイヤル那覇
  • 車 20分
  • 旧海軍司令部壕
路線バスご利用の場合
ホテルより片道約25分
スタート ホテルパームロイヤル那覇
  • 牧志 バス停
  • 88番(土曜・日曜・祝祭日は運休)、98番 乗車
  • 約20分
  • 宇栄原団地前
  • 徒歩 約5分
  • 旧海軍司令部壕

沖縄観光一覧へ戻る